FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「みみちゃん物語」⑦
みみちゃんの日常と治療の日々!! <続き>

私とA常務は、帰りの車の中でこれからどーしょうか?と色々な相談をしていた。とにかく、命ある限り治療をやってみようということになり、今までにも増して、二人で毎日のようにみみちゃんの世話をした…。

私は家から遠赤外線の暖房器具を持ってきては、毎日何十分か暖めたり、マッサージをしたり、足を引っ張ったり、歩かせてみたりした(私やA常務が留守の時は、牧場のスタッフの手も借りながら…)。

そんな中、みみちゃんの足は相変わらずだけど、それなりに体も大きく成長してきているので、治療棟では手狭になり、哺乳牛舎(哺乳牛舎とは、1ヶ月~3ヶ月までの牛が入っている牛舎のこと。)へお引越しをすることにした。みみちゃんは、哺乳牛舎で一番端の枠に入居。その隣の枠には元気な仔牛たちがいて、みみちゃんに興味を示して寄ってくると、みみちゃんは初めて見る仔牛たちに驚いて嫌がり、人が来ると喜ぶという感じ…。

それからというもの、だんだんと私の手からは離れていって、スタッフのK橋くんやO崎さん、F場長が担当してくれるようになり、A常務の指示の元、みんなでみみちゃんのお世話をするようになった。その時の話では、足のマッサージをするのに手を出すと、犬のように自分の前足を“お手、おかわり”をするように手に足を乗せてくるようになっていたらしく、みんな優しい人なので、みみちゃんのことをとっても可愛がって育ててくれた…。

私がたまにA常務からみみちゃんの状態を聞き、一緒に見に行く時などは「みみちゃーん!みみ子ー!!元気かい?」って声を掛けると、覚えてくれているみたいで近寄って来て、手を出すと頭を撫でて欲しいらしく、どんどん舐めてきたり、嬉しいのか、びっこだけど走って見せたりしてくれる(走っている姿は笑えるけど…。可愛い)。

そんな人好きなみみちゃんは、この頃には日常生活に支障がない程になっていたので、A常務の判断で、辛かった治療も終了することとした。みみちゃんは既に12ヶ月になっており、だいぶ成長したこともあって、今度は、他のジャージー牛たちと一緒に育成牛舎(育成牛舎とは、4ヶ月~12ヶ月までの牛が入る牛舎のこと)へお引越しをした…。
スポンサーサイト


みみちゃん物語 | 13:30:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。